お出かけ・買い物

関東のジップラインで子供も遊べる場所はどこ?【神奈川県エリア】

ジップラインといえば森の中を滑走しながら絶景を味わうことができ、スリリングな楽しさがありますよね!

そこで気になるのは、「ジップラインで遊べる場所はどこ?」「子供も遊べるの?」ということではないでしょうか。

 

関東エリアだけでも遊べる場所はいくつもありました。

そこで今回、神奈川県エリアでまとめた内容はこちら

この記事を読むことで、各施設の年齢制限・身長制限と特徴を知ることができ、おでかけ先選びに役立ちますよ。

 

他エリアはこちらの記事をご覧ください。

【埼玉県エリア】

【千葉県エリア】

神奈川県のジップラインで遊べる場所はどこ?

神奈川県内のジップラインで遊べる場所はこちら

  1. フォレストアドベンチャー・よこはま(横浜市旭区)
  2. フォレストアドベンチャー・小田原(小田原市)
  3. フォレストアドベンチャー・箱根(箱根町)
  4. ツリークロスアドベンチャー厚木・七沢(厚木市)
  5. 足柄山 飛天狗(南足柄市)

 

ジップライン 子供も遊べる場所はどこ?

小学4年生以上、身長130cm以上、30kg以上なら上記すべてのジップラインで遊べます。

 

身長制限を一番低く設定している場所は、フォレストアドベンチャー・よこはまフォレストアドベンチャー・小田原で、身長90㎝以上から利用できます

各施設によって年齢制限・身長制限・体重制限が異なるので、以下の各施設の特徴はこちらをご覧ください。

安全のために設けられている身長制限、体重制限ですので、必ず確認してくださいね。

 


ジップラインと一緒に楽しめる遊びはあるの?

ジップラインの他にも遊べるものがあれば楽しみ方が広がりますし、ジップラインができないお子様と行っても楽しめますよね。

フォレストアドベンチャー3施設ツリークロスアドベンチャーは、ジップラインとアクティビティをセットで楽しめます。

飛天狗新感覚アスレチック施設「パカブ」が隣接しています。

 

詳細は、以下の各施設の特徴はこちらをご覧ください。

 


神奈川県 各施設の特徴はこちら

各施設の制限一覧表はこちら

フォレストアドベンチャー・よこはま(横浜市)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

 

フォレストアドベンチャー・よこはまでは、難易度の高い順に、アドベンチャーコース、キャノピーコース、キッズコースがあり、すべてのコースでアクティビティとジップラインをセットで楽しめます。

障害物のアクティビティをクリアした先にジップラインがあり、ジップラインの数はコースによって異なります。

コース名 サイト(登り降り)数とジップライン数
アドベンチャーコース 4サイト / ジップライン6本
キャノピーコース 4サイト / ジップライン4本
キッズコース 3サイト / ジップライン3本

 

フォレストアドベンチャー・よこはまには「ユニバーサルパス」という車椅子やベビーカー利用でも通行できる散策路があり、樹上感覚が楽しめるそうです。

 

ジップラインの年齢制限・身長制限

アドベンチャーコース(森の高低と特徴を生かした最も難易度の高いコース)の場合

  • 小学4年生以上もしくは身長140cm以上
  • 体重130kgまで

※18歳未満の方は保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の同伴が必要。

 

キャノピーコース(家族みんなで楽しめるコース)の場合

  • 身長110cm以上
  • 体重130kgまで

※小学3年生未満の方は保護者の同伴もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)が必要。

 

キッズコース(小さなお子様向けコース)の場合

  • 身長90cm以上
  • 小学3年生まで

※保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の地上から見守りが必要。

 

ジップラインの他に遊べるもの

この施設はジップラインとアクティビティはセットで遊ぶコースになっています。

近隣施設のおすすめを以下紹介。

よこはま動物園ズーラシア(有料)が隣接

動物を観察できるのはもちろん、遊具やアスレチックで遊べるエリアも3か所あります。

フォレストアドベンチャーで遊べない小さなお子様はこちらで過ごしても楽しそうですね。

※(2020年10月現在)新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、ふれあい体験は中止しています。

 

フォレストアドベンチャー・よこはまの利用方法は?

事前予約制・予約優先(当日予約も空きがあれば可能)

  • 車椅子やベビーカー利用でも通行できる散策路「ユニバーサルパス」がある
  • ジップラインとアクティビティをセットで楽しめる
  • 身長90㎝以上からジップラインが楽しめるキッズコースがある

 

フォレストアドベンチャー・よこはま 公式サイト

フォレストアドベンチャー・よこはま 公式HP

フォレストアドベンチャー・よこはま 公式Facebook

 


フォレストアドベンチャー・小田原(小田原市)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

フォレストアドベンチャー・小田原では、難易度の高い順に、日本最大のディスカバリーコース、キッズコースがあり、両方のコースでアクティビティとジップラインをセットで楽しめます。

障害物のアクティビティをクリアした先にジップラインがあり、ジップラインの数はコースによって異なります。

コース名 サイト(登り降り)数とジップライン数
ディスカバリーコース 8サイト / ジップライン8本
キッズコース 3サイト / ジップライン2本

 

ジップラインの年齢制限・身長制限

ディスカバリーコース(森を楽しめる本格的なコース)の場合

  • 小学1年生かつ身長110cm以上
  • 体重130kgまで

※18歳未満の方は保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の同伴が必要。

 

キッズコース(小さなお子様向けコース)の場合

  • 身長90cm以上
  • 小学3年生まで

※保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の地上から見守りが必要。

ジップラインの他に遊べるもの

この施設はジップラインとアクティビティはセットで遊ぶコースになっています。

近隣施設のおすすめを以下紹介。

 

小田原こどもの森わんぱくらんど(無料)が隣接

遊具エリアが充実していて、緑のゲレンデでの芝そりも楽しそうです。

有料ですが、こども列車やロードトレインに乗ることもできます。

 

フォレストアドベンチャー・小田原の利用方法は?

事前予約制・予約優先(当日予約も空きがあれば可能)

  • 日本最大のディスカバリーコース(森を楽しめる本格的なコース)がある
  • ジップラインとアクティビティをセットで楽しめる
  • 身長90㎝以上からジップラインが楽しめるキッズコースがある

 

フォレストアドベンチャー・小田原 公式サイト

フォレストアドベンチャー・小田原 公式HP

フォレストアドベンチャー・小田原 公式Facebook

 


フォレストアドベンチャー・箱根(箱根町)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

 

フォレストアドベンチャー・箱根では難易度の高い順に、アドベンチャーコース、キャノピーコースがあり、両方のコースでアクティビティとジップラインをセットで楽しめます。

障害物のアクティビティをクリアした先にジップラインがあり、ジップラインの数はコースによって異なります。

コース名 サイト(登り降り)数とジップライン数
アドベンチャーコース 5サイト / ジップライン5本
キャノピーコース 4サイト / ジップライン6本

 

ジップラインの年齢制限・身長制限

アドベンチャーコース(森の高低と特徴を生かした最も難易度の高いコース)の場合
  • 小学4年生以上もしくは身長140cm以上
  • 体重130kgまで

※18歳未満の方は保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の同伴が必要。

 

キャノピーコース(家族みんなで楽しめるコース)の場合
  • 身長110cm以上
  • 体重130kgまで

※小学3年生未満の方は保護者の同伴もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)が必要。

 

ジップラインの他に遊べるもの

・クリフチャレンジャー(有料)

身長制限110cm以上から遊べます。

高さ7m!ハーネスとロープを装着して登るので、安全に本格的クライミングウォールに挑戦できます。

18歳未満10分500円、18歳以上10分800円

 

・トランポリン(有料)

身長制限がないので小さなお子様でも遊べます。

10分500円

 

・箱根パターゴルフ(有料)

4歳から利用可能です。

本格的な9ホールのパターゴルフを楽しめます。

 

フォレストアドベンチャー・箱根の利用方法は?

事前予約制・予約優先(当日予約も空きがあれば可能)

  • ジップラインとアクティビティをセットで楽しめる
  • 身長110㎝以上からジップラインが楽しめるコースがある
  • 観光地箱根にあるので、観光も楽しめる

 

フォレストアドベンチャー・箱根 公式サイト

フォレストアドベンチャー・箱根 公式HP

フォレストアドベンチャー・箱根 公式FaceBook

 


ツリークロスアドベンチャー厚木・七沢(厚木市)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

パークを一周する「アドベンチャーコース」では、6コース、総長500m超のジップラインと42個のアクティビティをセットで楽しめます。

障害物のアクティビティをクリアした先にジップラインのスタート地点があり、ジップラインで森の中を縦横無尽に駆け巡ります。

ジップラインの着地方法は、山盛りのウッドチップに突っ込むから着地も安全!痛くありません。

 

障害物は様々で、壁のホールドをつかみながら横歩きしたり、ゆらゆら揺れるリングに足をかけて渡ったり、固定されていないねじれ丸太を通る難所があったり。

高いところから飛び降りてネットに向かってスイング!する「ターザンスイング」もあります。絶叫しそうですね(笑)

 

コース詳細はこちらからご覧ください

 

ジップラインの年齢制限・身長制限

ジップラインがコースに入っている「アドベンチャーコース」の場合

  • 小学3年生以上
    ※16歳未満の方は保護者の同伴が必要。 18歳未満の方は保護者の同意が必要。
  • 身長130cm以上
  • 体重130kg以下

 

ツリークロスアドベンチャーでジップラインの他に遊べるもの

・小学生以下のお子様向けツリークロスアスレチック(有料)

小学生と未就学児が遊べるコース(推奨身長 100cm以上)です。

アスレチックコースには、高さ約50cm~1mの高さに空中アスレチック&ターザンロープ4本(総延長60m)など30個のアクティビティーがあり、アドベンチャーコースを疑似体験できます。

大型トランポリンも遊べます。

※ツリークロスアスレチックは予約制ではないため、繁忙期はアドベンチャーコース利用者に同伴している子供の利用が優先。

 

・大型トランポリン(有料)

年齢制限なし、体重制限100㎏未満。

10分200円/回で遊べます。

 

ツリークロスアドベンチャーの利用方法は?

定員予約制(当日予約も空きがあれば可能)

遊ぶときは、距離を保ちながらグループ単位で一方通行に進むので、利用者同士の距離が必然的に確保されます。

  • 6コースのジップラインと42個のアクティビティをセットで楽しめる
  • ジップラインは小学3年生、身長130cm以上で利用可能
  • ジップラインで遊べなくても、身長100㎝以上、小学生以下ならツリークロスアスレチックで遊べる

 

ツリークロスアドベンチャー 公式サイト

ツリークロスアドベンチャー 公式HP

ツリークロスアドベンチャー 公式FaceBook

 


足柄山飛天狗(南足柄市)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

森の中、水の上の全8区間、総長1,060mをジップラインで移動し、空の旅を味わうことができます。

総長は日本最大級です。

ジップラインの年齢制限・身長制限

  • 小学4年生以上
    ※16歳未満の方は保護者の同伴が必要。
  • 身長130cm以上
  • 体重30kg~100kg以下

 

足柄山飛天狗ジップラインで他に遊べるもの

近隣施設のおすすめを以下紹介。

 

森の空中遊び「パカブ」(有料)が隣接

2歳以下はキッズエリアのみ利用可能。その他のエリアは3歳以上から遊べます。

飛天狗と同じ足柄森林公園内にあるので便利ですね。

森の中に張り巡らされた色とりどりの網の中に遊べる空間があります。

網の中で飛んだり跳ねたり、空中迷路や空中ドッジボールなど、空中を楽しむ遊び方がいっぱいです。

 

アスレチック(丸太の森入園料が必要)

飛天狗と同じ足柄森林公園の中、散策路や広場に、ターザンロープやジャングル遊び等の遊具があり自由に遊べます。

 

足柄山飛天狗の利用方法は?

事前予約制(平日は利用2日前に予約が必要)

※丸太の森入園料が別途必要です。

※(2020年10月現在)新型コロナウイルス感染防止関連の諸事情により休止中。再開未定です。

  • ジップラインは日本最大級!総長1,060m
  • ジップラインは、小学4年生以上、身長130cm以上、体重30kg~100kg以下が利用可能
  • ジップラインで遊べなくても、隣接のパカブで遊べる

 

足柄山飛天狗 公式サイト

足柄山 飛天狗 公式HP

足柄山 飛天狗 公式Facebook

 


まとめ

各施設の制限一覧

ジップラインで遊ぶコースが数種類ある場合、一番低い年齢・身長で遊べるコースを基にしています。

年齢制限 身長制限 体重制限 備考
フォレストアドベンチャー・よこはま 小学3年生まで  90cm以上 キッズコース
フォレストアドベンチャー・小田原 小学3年生まで 90cm以上 キッズコース
フォレストアドベンチャー・箱根 110cm以上 130kg以下 キャノピーコース
ツリークロスアドベンチャー厚木・七沢 小学3年生以上 130cm以上 130kg以下 アドベンチャーコース
足柄山飛天狗 小学4年生以上 130cm以上 30~100kg以下

 

高低差を利用するジップラインなので、高所恐怖症の方にはおすすめしませんが、木々の間を抜けて空を飛ぶ体験はスリリングで楽しそうですよね。

年齢制限・身長制限を確認して、遊びに行く方(特にお子様)に適した施設を選んでくださいね。

 

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間が変更になっている場合があります。

お出かけの前に各施設の公式サイトで最新情報を確認してください。

 

この記事がおでかけ先選びの参考になれば幸いです。