お出かけ・買い物

関東のジップライン 子供も遊べる場所はどこ?【千葉県エリア】

ジップラインといえば森の中を滑走しながら絶景を味わうことができ、スリリングな楽しさがありますよね!

そこで気になるのは、「ジップラインで遊べる場所はどこ?」「子供も遊べるの?」ということではないでしょうか。

 

関東エリアだけでも遊べる場所は多数ありました。

そこで今回、千葉県エリアでまとめた内容はこちら

この記事を読むことで、各施設の年齢制限・身長制限と特徴を知ることができ、おでかけ先選びに役立ちますよ。

 

他エリアはこちらを参照ください。

【埼玉県エリア】

【神奈川県エリア】

 

千葉県のジップラインで遊べる場所はどこ?

千葉県内のジップラインで遊べる場所はこちら

  1. フォレストアドベンチャー・ターザニア(長生郡)
  2. フォレストアドベンチャー・千葉(千葉市若葉区)

 

ジップライン 子供も遊べる場所はどこ?

年齢制限・身長制限・体重制限がクリアできればお子様も遊べます。

千葉県の2つの施設共、身長110cm以上なら年齢制限なしで遊べます

 

フォレストアドベンチャー・千葉のキッズコースが営業再開されれば、身長制限は最も低くなり、90cm以上から遊べます。

フォレストアドベンチャー・千葉のキッズコースは、通常・身長90cm以上から利用できます。「キッズコース」は2019年の台風被害により営業見合わせ中です。(2020年10月時点)

 

各施設のコースによって年齢制限・身長制限・体重制限が異なるので、以下の【千葉県】各施設の特徴はこちらをご覧ください。

 

尚、横浜と小田原に、身長90cmからジップラインで遊べる施設があります。

参照:関東のジップライン 子供も遊べる場所はどこ?【神奈川県エリア】

安全のために設けられている身長制限、体重制限ですので、必ず確認してくださいね。

 

ジップラインと一緒に楽しめる遊びはあるの?

ジップラインの他にも遊べるものがあれば楽しみ方が広がりますよね。

千葉県の2つの施設共、ジップラインと共にアクティビティをセットで楽しめます。

 

詳細は、以下の各施設の特徴はこちらをご覧ください。

 

駐車場の予約ならakippa

千葉県 各施設の特徴はこちら

各施設の制限一覧表はこちら

フォレストアドベンチャー・ターザニア(長生郡)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

コースは、アドベンチャーコース、キャノピーコース、ロングジップスライドの3種類。

アドベンチャーコースとキャノピーコースに難易度の差はなく、アクティビティとジップラインをセットで楽しめます。

ロングジップスライドは登り降りのサイト無し、ジップスライドのみです。

コース名 サイト(登り降り)数とアクティビティ数
アドベンチャーコース 5サイト / 28アクティビティ
キャノピーコース 4サイト / 30アクティビティ
ロングジップスライド 1アクティビティ

 

ジップラインの年齢制限・身長制限

アドベンチャーコース(森の高低と特徴を生かした最も難易度の高いコース)+ロングジップスライドの場合

  • 身長140cm以上
  • 体重100kgまで
  • 小学生以上

※18歳未満の方は保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の同伴が必要。

 

キャノピーコース(家族みんなで楽しめるコース)の場合

  • 身長110cm以上
  • 体重100kgまで

※小学3年生未満の方は保護者の同伴もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)が必要。

 

ロングジップスライド(アクティビティ無し、ジップスライドのみ)の場合

  • 身長140cm以上
  • 小学生以上

※保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の地上から見守りが必要。

 

ジップラインの他に遊べるもの

フォレストアドベンチャー・ターザニアがある「リソルの森」内には多数施設があります。

・乗馬体験のできる乗馬施設
・お子様も楽しめるパターゴルフ場
・BBQ場
・宿泊者限定リゾートプール
・グランピング施設

 

フォレストアドベンチャー・ターザニアの利用方法は?

事前予約制・予約優先(当日予約も空きがあれば可能)

  • 2つのコースはジップラインとアクティビティをセットで楽しめる
  • ジップラインのみを楽しむこともできる
  • 身長110㎝以上から年齢制限なしでジップラインが楽しめる

 

フォレストアドベンチャー・ターザニア 公式サイト

フォレストアドベンチャー・ターザニア 公式HP

フォレストアドベンチャー・ターザニア 公式Instagram

リソルの森 公式HP

 

フォレストアドベンチャー・千葉(千葉市若葉区)

ジップラインの楽しみ方 どんな風に楽しむ?

コースは、アドベンチャーコース、キャノピーコース、キッズコースの3種類。

全てのコースで、アクティビティとジップラインをセットで楽しめます。

※「キッズコース」は2019年の台風被害により営業見合せ中(2020年10月時点)

コース名 サイト(登り降り)数とアクティビティ数
アドベンチャーコース 5サイト / 28アクティビティ
キャノピーコース 4サイト / 30アクティビティ
キッズコース 1アクティビティ

 

ジップラインの年齢制限・身長制限

アドベンチャーコース(森の高低と特徴を生かした最も難易度の高いコース)の場合

  • 小学4年生以上もしくは身長140cm以上
  • 体重130kgまで

※中学生以下の方は保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の同伴が必要。

 

キャノピーコース(家族みんなで楽しめるコース)の場合

  • 身長110cm以上
  • 体重130kgまで

※小学2年生までの方は保護者の同伴が必要。

 

キッズコース(小さなお子様向けコース)の場合

※「キッズコース」は2019年の台風被害により営業見合せ中(2020年10月時点)

  • 身長90cm以上
  • 小学3年生まで

※保護者もしくは同等の資格を持つ方(18才以上)の地上から見守りが必要。

 

ジップラインの他に遊べるもの

・エキサイトプラン「ミノムシシュート」

アドベンチャーコースをクリアした方は、高さ10mからダイブするエキサイトプランにチャレンジできます。

 

・泉自然公園内でピクニック

フォレストアドベンチャー・千葉は泉自然公園内にあります。

遊び終わった前後に公園内でゆっくりピクニックもいいですね。

 

フォレストアドベンチャー・千葉の利用方法は?

事前予約制・予約優先(当日予約も空きがあれば可能)

  • 全てのコースでジップラインとアクティビティをセットで楽しめる
  • 身長90㎝以上から年齢制限なしでジップラインが楽しめる
  • キッズコースは営業見合せ中

 

フォレストアドベンチャー・千葉 公式サイト

フォレストアドベンチャー・千葉 公式HP

フォレストアドベンチャー・千葉 公式Instagram

まとめ

各施設の制限一覧

ジップラインで遊ぶコースが数種類ある場合、一番低い年齢・身長で遊べるコースを基にしています。

年齢制限 身長制限 体重制限 参考コース 特徴
フォレストアドベンチャー・ターザニア 110cm以上 100kgまで キャノピーコース ジップラインとアクティビティをセットで楽しめる
フォレストアドベンチャー・千葉
※現在キッズコースは営業見合せ中
小学3年生まで 90cm以上 35~120kg未満 キッズコース ジップラインとアクティビティをセットで楽しめる

高低差を利用するジップラインなので、高所恐怖症の方にはおすすめしませんが、木々の間を抜けて空を飛ぶ体験はスリリングで楽しそうですよね。

年齢制限・身長制限を確認して、遊びに行く方(特にお子様)に適した施設を選んでくださいね。

 

※新型コロナウイルスの影響や自然災害の影響で、施設の営業日や営業時間が変更になっている場合があります。

お出かけの前に各施設の公式サイトで最新情報を確認してください。

 

この記事がおでかけ先選びの参考になれば幸いです。