エンタメ

米津玄師POP SONG歌詞の意味を考察!プレステCMに青と赤色の解釈も

2月7日に配信リリースされ米津玄師さんの楽曲『POP SONG』の歌詞の意味を解説していきます。

米津玄師さん出演の「SONY PlayStation」のCMや、『POP SONG』ジャケットに使われた青色と赤色の解釈も考察のヒントとなっていました。

 

この記事でわかること

米津玄師『POP SONG』歌詞の意味を考察

米津玄師出演「SONY PlayStation」のCMの解釈

米津玄師『POP SONG』ジャケットの青色・赤色の意味

米津玄師POP SONG歌詞の意味を考察!

米津玄師『POP SONG』歌詞はこちらです。

2月4日現在、プレイステーションの30秒CMで使用されている部分の歌詞です。

 

歌詞の意味を考察

『1・2・3』はプレステの合言葉。

米津玄師さんの歌詞『1、2、3(ワン トゥー スリー)で愛を込めて』はプレステに関係しるのでしょう。

歌詞が全て公開されてから考察を更新します。

 

米津玄師さんも出演するCMもあわせて見ると、さらに解釈が広がります。

 




 

米津玄師のプレステCMに青と赤色の解釈も

米津玄師さん出演の「SONY PlayStation」のCMはこちらです。

 

米津玄師さんは、兵士から変身するアイディア、キャラクターデザインやコンセプトも考えたそうです。

 

プレステCM内に気になる演出がありますね。

  • スパルタ戦士
  • カラーは青色と赤色
  • 米津玄師は壁を開き外の世界に出る

 

それぞれの演出は、このように解釈できます。

  • スパルタン戦士=SONYライバルのXBOXの象徴
  • 赤色=SONYライバルの任天堂の象徴
  • 青色=プレステの象徴
  • 外の世界に出る=プレステのサブスク解放

 

戦士はXBOXの象徴

XBOXは、ゲーム業界でSONYのライバルです。

XBOXの人気ゲームHALO(ヘイロー)シリーズに出てくるマスターチーフは、XBOXの象徴とされています。

マスターチーフは「スパルタン」と呼ばれていることから、スパルタ戦士がXBOXの象徴になったと考察できますね。

 

赤色は任天堂の象徴

日本のゲーム業界では、任天堂がSONYのライバルです。

任天堂と言えば赤色ですね。

その赤色を、XBOXの象徴であるスパルタ戦士がマント等で身に付けています。

 

SONYのライバル「XBOX」「任天堂」を表す戦士をあざ笑っているのが、SONYの象徴・青色を身に付けた米津玄師さん。

SONYがXBOXと任天堂に戦いを挑んだ、と表現しているようですね。

 

プレステのサブスクが始まる?

SONYはまだプレイステーションのサブスクを始めていません。

ライバルのXBOXと任天堂はサブスクを解禁しています。

扉を開けて外の世界に出るというのは、プレステのサブスク解禁を表しているのかもしれません。

 

ジャケットの青色と赤色の意味

米津玄師さんの『POP SONG』ジャケットにも青色と赤色があります。

青色はSONYの色、赤色は任天堂の色を意味していると見られています

 




 

最後に

【米津玄師POP SONG歌詞の意味を考察!プレステCMに青と赤色の解釈も】と題してご紹介しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。