政治関係

山本太郎の元嫁はサーファー!フィリピン移住は義父のデマで離婚理由は?

れいわ新選組代表の山本太郎さんが結婚していた元嫁(妻)は、日本人の元プロサーファー/割鞘朱璃(わりさや じゅり)さんです。

Yahoo検索では『山本太郎 嫁 フィリピン』と表示されますが、結婚当時に義父が流したフィリピン移住のデマ情報が関係しています。

3か月のスピード離婚にも関係があるのでしょうか?

「離婚理由」も気になりますね。

 

この記事でわかること

山本太郎の元嫁はサーファーで日本人!

山本太郎の義父が流した「フィリピン移住計画」はデマ

山本太郎と元嫁の出会い~結婚~離婚まで

山本太郎の元嫁はサーファー!

山本太郎さんの元嫁は、元プロサーファー/割鞘朱璃(わりさや じゅり)さん。

2012年5月に結婚して2012年8月に離婚しています。

結婚当時、割鞘朱璃さんは19歳で、二人の年齢差は18歳でした。

 

山本太郎の元嫁/割鞘朱璃は結婚後サーファー引退

割鞘朱璃さんは、DVDも発売していた人気プロサーファーでした。

過去形なのは、結婚後は『妻として夫を支えるためにサーフィンも引退します』と話し、結婚と同時にサーフィンを引退したから。

サーファー間ではアイドルのような人気と実力もあったため、引退を惜しむ声もありました。素晴らしい記録も残しています。

  • 15才 – 日本プロサーフィン連盟公認の女子ロングボードサーファー第一号
  • 2009年 – 日本史上初の3冠達成
  • 日本人として世界大会初優勝

 

 

山本太郎の元嫁の実家は名家で金持ち

割鞘朱璃さんの実家は平安時代から続く名家です。

父方の祖父が岡山県内で敷地1000坪の旅館を経営していた超資産家で、父親の大叔母は三笠宮妃殿下の女官をしていました。

その関係で、三笠宮ご夫妻が岡山の実家の旅館に宿泊したこともありました。

 

当時の割鞘朱璃さんのブログからも、実家の金持ちぶりがわかります。

  • 実家の愛車はロールスロイス、ベンツ
  • 普段づかいの食器が60~70年前のオールドノリタケ

 

山本太郎の元嫁は義父から虐待を受けていた

割鞘朱璃さんの両親は3歳の頃に離婚し、母親に引き取られました。

小学4年生の時に母が再婚し、割鞘家の家庭に入ります。

しかし、母の再婚相手・義理の父親と同居生活が始まると義父から虐待・暴力が始まりました。

  • 成績ダウンしたことが理由で、熱いお味噌汁の入ったお椀を投げつけられた
  • テーブルマナーや箸の持ち方など、一度言われたことができないと髪の毛を引っ張られた
  • 投げつけられたものの金具部分が額にあたり8針縫うケガを負い、傷跡は今も残っている
  • 夜中に布団をはがされベッドから落とされ、髪を引っ張られたまま階段の段を背中に、2階から1階まで引きずり降ろされた
  • 玄関で正座させられ、義父が頭の上に放尿

 

児童相談所に保護されることを繰り返しながら小学校を卒業し、中学校時代2年間は児童養護施設で過ごしたほどでした

実の母親は、義父の虐待を一度は止めに入るものの、「お前は黙っとけ」と言われると引っ込んでしまい、見るだけだったそうです。

 




 

山本太郎のフィリピン移住は義父のデマ

義父による異常行為は、割鞘朱璃さんが山本太郎さんと結婚した後も続きます。

義父が割鞘朱璃のブログ乗っ取り

義父は、割鞘朱璃さんのブログのパスワードを勝手に変更してブログを乗っ取り、「山本さんの人間性がおかしい」「山本さんの母への愚痴」等、なりすまし投稿をしていました。
(※ブログは現在削除されています)

その一つが、「山本太郎フィリピン移住計画」のデマです。

 

義父が「海外移住」をなりすまし投稿

東日本大震災の後、山本太郎さんは反原発運動に参加していますが、それを逆手に取ったものでした。

割鞘朱璃さんのブログに、「原発事故の影響を受けて海外へ移住する(逃げる)」という内容のなりすまし投稿がされました。

▽実際になりすまし投稿された文章▽

「福島で苦しんでいる人や震災の復興もあるし、私たちだけが日本を捨てて逃げるなんて…。すごく抵抗があったけど、 この先日本はどうなりかわからないからって…」

引用元:NEWSポストセブン

 

山本太郎さんも被害に

山本太郎さん主張の「反原発」に反する内容だったため、ネット上では「結局逃げるの?」と非難の声が続出する事態となりました。

なりすまし投稿であったことを後に山本太郎さんが発表しましたが、山本太郎さんの活動に被害を与えました。

山本夫妻が海外への移住を計画しているとの内容や、新婚旅行の具体的な日程なども書かれていたとのこと。このなりすましブログに対し、山本は、

「緩やかに“ちょっとこの人たちおかしいんちゃう?”って思わせるような文章がどんどん(ブログに)のってくるんですよね。これってほんとに危険なことですよ」

と、コメントしている。

引用元:NEWSポストセブン

 

2012年6月、割鞘さんは週刊誌「女性セブン」で、義父による「ブログなりすまし被害」を告発。

その後の異常行為はなくなりましたが、2012年7月には割鞘さんが両親から名誉棄損で刑事告訴を受けました。

 




 

山本太郎と元嫁の離婚理由は?

山本太郎さんと割鞘さんの離婚理由は、山本さんの多忙により会えなかったことが原因のようです。

ふたりの馴れ初めからご紹介します。

 

山本太郎と元嫁の出会い~結婚

山本太郎さんと割鞘さんは、サーフィンを通じて知り合っています。

結婚する2年前に出会い、2012年4月に再会、一か月未満の交際で結婚に至りました。

スピード結婚について、山本さんは「自分自身もびっくりしている」と話し、「一層張り切って活動する!守る人が増えたから」とコメントしています。

「今年四月の終わりに再会、一ヶ月たたないうちにこうなりました(笑) びっくりした!なんて言わないで、自分自身が一番びっくりしているのだから(笑)」

「今の僕の状況を理解した上で、支えたい、ついて行きたい、と言ってくれた変わり者。有難う神様!有難う彼女を育ててくれたご両親!」

引用元:オリコンニュース

 

結婚後は、山本太郎さん、割鞘さん、山本太郎さんの母の3人の同居生活が始まりました。

 

山本太郎と元嫁とスピード離婚!理由は?

結婚したことの喜びを話していた山本さんですが、結婚期間は2012年5月~2012年8月の3か月。電撃婚からスピード離婚となりました。

離婚の原因は、山本太郎さんが活動のために自宅に月1~3回ほどしか帰れなかったこと。

2012年6月の終わりには、割鞘さんから『しんどい』と言われてしまったそうです。

 

割鞘さんは、山本太郎さんと過ごす新婚生活ではなく、姑さんと暮らす二人の生活となったことも辛かったのだろうと推察されますね。

なお、割鞘さんは、山本太郎さんが初めて付き合う人であり初婚でした。

 

離婚後すぐ発表しなかった理由は割鞘さんを守るため

山本太郎さんの離婚公表は離婚から1年後、2013年8月になってからでした。

離婚後すぐに離婚の公表をしなかった理由は、「割鞘さんを守るため」です。

割鞘さんの義父からの異常行為は、結婚後1か月で山本太郎さん自身も被害に遭い知っています。割鞘さんが実家に戻されて再び義父の暴力に遭うことを避けたかったのだそう。

 

割鞘さんを守るために、割鞘さんの身の回りを整えてから新生活を始めました。

  • 離婚後も割鞘さんの新生活の準備ができるまでは同居
  • 割鞘さんは離婚後も「山本」姓を名乗る
  • 割鞘さんの本籍は山本太郎さんの実家
  • 慰謝料は200万円一括払い(割鞘さんの新住居、学校費用のため)

 

「私、山本太郎は、黙っていたことがありました。離婚していました」と報告し、「有権者の皆さまに対して、本当に黙っていたということに対して罪の意識を感じています」と謝罪。

約一年もの間、離婚の事実を明かさなかった理由については「彼女を守るため」といい、「家庭が複雑で幼い頃に虐待を受けていた。実家に戻されるかもしれないリスクがあるから自分としては、それを黙っておかなきゃいけなかった」と説明した。

引用元:オリコンニュース

 




 

最後に

【山本太郎の元嫁はサーファー!フィリピン移住は義父のデマで離婚理由は?】と題してご紹介しました。

山本太郎さんの元嫁/割鞘さんは壮絶な人生を歩んでいる方だったのですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。