政治関係

高市早苗の英語力を学歴と経歴から調査!アメリカ議会勤務でペラペラ?

高市早苗議員は、総務大臣などの経験もありますが「英語力はあるのか?」気になりますね。

結論から言うと、英語力はあるようです。

根拠は、アメリカ議会で2年勤務した経験があるため。

 

高市早苗議員の「英語力」に注目して学歴と経歴を調査しました。

 

▼この記事でわかること▼

高市早苗の英語力は?英会話ペラペラ?

高市早苗の学歴と経歴

高市早苗は松下政経塾卒塾生

高市早苗の英語力

英語力はあると推察できる

根拠:アメリカで2年生活していた

高市早苗さんは、25-26歳の頃にアメリカ議会で勤務しています。

2年間アメリカ生活をしているので、少なくとも日常会話の英語を話すと考えられますね。

 

▽海外メディアの取材を受けている写真です▽

2003年1月なので、小泉内閣で経済産業副大臣のときです。

通訳の姿を見つけられないですが、通訳はつけずに対応しているのでしょうか?

 

高市早苗議員の英会話の映像は見つけることができませんでした。

見つけ次第、情報を更新します。

 

▽河野太郎さんは通訳なしでも英語インタビューできると評判です▽

河野太郎の英語ジョークに海外の反応は?スピーチ動画まとめ自民党の河野太郎議員は、英語力があり、アメリカンジョークが特技と言われています。 「どんなアメリカンジョークでスピーチしていたのか...

 




 

高市早苗の英語力を学歴と経歴から調査!

【学歴】
神戸大学経営学部経営学科(経営数学専攻) 卒業

 

【経歴】
米国連邦議会 コングレッショナルフェロー
日本経済短期大学助手
近畿大学経済学部教授(産業政策論・中小企業論)

高市早苗議員は、国立大学卒業、政経塾卒塾し、大学教授としての経験もあります。

英語力を調査するため、経歴と学歴をくわしく確認しましょう。

 

学歴

高校 奈良県立畝傍高等学校 卒業(1980年)
大学 神戸大学経営学部経営学科 経営数学専攻 卒業、経営学士号(1984年)

最終学歴は、国立の神戸大学経営学部卒業(1984年)
経営学士号も取得しています。

偏差値62.5で、国公立大学の経営学部ではトップの難関校です。

 

大学在学中の24歳の時には、「30歳で政治の世界に入る」ことを目標としていたそうです。

大学4年生の時に松下幸之助さんに会い影響を受けたことで、大学卒業後は就職ではなく松下政経塾へ進みます。

出典元:高市早苗HP

↑写真右側が、経営の神様と言われた松下幸之助さん

 

経歴

高市早苗さんは松下政経塾で「コングレッショナルフェロー」という議会研究員に選ばれ、1987年から2年間アメリカで働きました

松下政経塾のアメリカの研究所が高市早苗さんのスポンサーとなり、アメリカの議員事務所で働くことができたのですね。

 

コングレッショナルフェローとは

  • 米国議会制度を途上国が勉強するための制度=インターン
  • 報酬なし
  • 仕事内容は、当時はコピー取りやお茶くみ(参照:日刊ゲンダイ

 

▽米国連邦議会オフィスでの写真▽

出典元:高市早苗HP

 

 

主な経歴

1984-1989年 松下政経塾
1987-1989年 アメリカの議員事務所で「コングレッショナルフェロー」として勤務
1989年 日本経済短期大学助手
1990年 フジテレビ「朝だ!どうなる?」のメインキャスター
1993年 衆議院選挙で初当選し政界入り
2004年 (衆議院選挙落選した年)近畿大学経済学部教授
2005年 衆議院選挙で国政復帰

 

「30歳で政治の世界に入る」ことを目標にして、政経塾や海外で学び、着実に経験を積まれていったのですね。

松下政経塾は、リーダー育成のための塾

寮に入り、研修資金の提供を受けながら学びます。

 

参考:松下政経塾のインターン研修

「海外議会インターン研修」は、政治行政研修の一つとして現在の松下政経塾でも行われています。

出典元:松下政経塾

 

高市早苗の親(父母)と弟の職業に顔画像は?家族構成を調査!高市早苗議員は世襲ではありません。 父親はメーカー勤務、母親は奈良県警勤務のサラリーマンでした。 兄弟は弟が一人いて、議員秘...

 




 

高市早苗はアメリカ議会勤務でペラペラ?

流ちょうな英語なのか?は不明

2年のアメリカ生活で、英語でコミュニケーションをとっていたと推察できる

アメリカの議員事務所で「コングレッショナルフェロー」として2年勤務していた

▽米国連邦議会オフィスでの写真▽

出典元:高市早苗HP

 

高市早苗さんは、松下政経塾の塾生だった25-26歳の頃にアメリカ議会で勤務しています。

見習いの仕事内容で、当時はコピー取りやお茶くみだったそうでした。(参照:日刊ゲンダイ

 

見習いの仕事でも、現地でコミュニケーションをとるために英語は欠かせないです。

自ら学び進めていく松下政経塾生ですから、言葉の壁も自ら乗り越えてきたと考えられますね。

 

 




最後に

『高市早苗の英語力を学歴と経歴から調査!アメリカ議会勤務でペラペラ?』と題してご紹介しました。

「英語力はあると推察できる」

根拠:アメリカの議員事務所で「コングレッショナルフェロー」として2年勤務していた。

高市早苗さんが海外インターンで経験された「コングレッショナルフェロー」は、松下政経塾生の中から選ばれるということで、選出されたこともすごいことなんですね。

そして、高市早苗さんはアメリカで2年生活していたことから、「英語力はある」と推察できました。

今後の政治活動の場で英語での発信があれば注目していきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。