スポーツ

スマイルジャパンの大人の事情で音声カットは何を言った?削除理由は?

2022年北京オリンピックで活躍した女子アイスホッケー「スマイルジャパン」の選手の皆さんが投稿した音声の一部が【大人の事情により音声をカット】されて話題になっています。

他の選手たちは「応援ありがとうございました」と言っているなかで、2人の選手が違う内容を発言していました。

「大人の事情とは何?」「何て発言したの?」と気になりますね。

 

この記事でわかること

スマイルジャパンの音声がカットされた大人の事情とは何?

スマイルジャパンの投稿からカットされた音声は何を言っていた?

世間の反応

スマイルジャパンの大人の事情で音声カット

スマイルジャパンの選手の皆さんが、応援を感謝する動画はこちらです。

音声カットは0:36~0:38の部分

画面には【大人の事情により一部音声を加工しています】と表示もあります。

音声カットされた部分は、2名の選手の発言でした。

 

カットされた部分の発言中も後も笑顔で、周囲からは笑い声も聞こえてきます。

悪態をついたようなメッセージではなさそうです。

 

他選手たちは感謝のメッセージ

他選手のメッセージ内容はこちらです。

  • 「応援ありがとうございました!」
  • 「札幌イェーイ!」
  • 「北海道はでっかいどう!」
  • 「謝謝!(シェイシェイ)」
  • 「オリンピック、楽しかったでーす!」
  • 「たくさんの応援に感謝です!」

 

このメッセージの流れで、何を言ったのでしょうか?

 




 

スマイルジャパンの大人の事情で音声カットは何を言った?削除理由は?

スマイルジャパンの音声がカットされた理由は「大人の事情ですが、どんな背景なのでしょうか?

「カットされた音声は何を言っていたのか?も気になりますが、マスクをつけているため、口の動きで推測はできません。

 

大人の事情①契約スポンサーが関係か

ネット予想の声では、「スポンサーの名前を発言したから」という説があります。

オリンピックでの発信内容のため、オリンピックのルールを守った結果なのかもしれません。

選手個人のスポンサー契約があっても、オリンピックの時はスポンサー名を発信してはいけないからです。

 

大人の事情②オリンピックが関係か

オリンピックでは、「ゴールドパートナー」と呼ばれるスポンサーへの忖度があります。

ゴールドパートナー以外のメーカー名を画面に映す、オリンピックで発信することはできないのです。

 

東京オリンピックでは、日本サッカー男子代表の久保建英選手が「スポンサー配慮発言」をしていましたね。

ゴールドパートナー以外のスポンサーのスパイクを履いていたため、「上半身だけ映して」と話していました。

試合直後のフラッシュインタビューでの「スポンサー的にまずいんで」という久保建英の言葉が話題になっている。

久保「上半身だけでいいですか、すいません、これ、スポンサー的にまずいんで」

何を指していたのかは不明だが、カメラの前に向かいながら「これ」と言ったところで、久保は足元を指しているように見えたから、スパイクのことなのかなと僕は思った。

引用元:Yahooニュース

 




 

最後に

【スマイルジャパンの大人の事情で音声カットは何を言った?削除理由は?】と題してご紹介しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。