エンタメ

毎田暖乃の家族構成は6人で兄絢斗も子役!顔画像に両親の職業も調査

2022年1月期のドラマ「妻、小学生になる。」で演技力が天才と話題になっている子役の毎田暖乃(まいだのの)さん。

2019年から活躍し芸能界デビューをして約3年ですが、どことなく貫禄がありますね。

デビューして間もない毎田暖乃さんですが、気になるのは「家族はどんな人?」「ご両親の職業は?」ということですよね。

 

そこで今回は、『毎田暖乃の家族構成は6人で兄絢斗も子役!顔画像に両親の職業も調査』と題してご紹介します。

 

この記事でわかること

毎田暖乃の家族構成は6人(両親・兄・祖父母)

毎田暖乃の兄・毎田絢斗も子役【顔画像】

毎田暖乃の両親の職業

毎田暖乃の家族構成は6人

  • 父親
  • 母親
  • 兄・絢斗(あやと)
  • 暖乃(のの)
  • 祖父
  • 祖母

毎田暖乃さんは6人家族です。

祖父母がいることは、事務所のブログで明かされていました。

 

おじい様と毎田暖乃さんのエピソードから、家族関係が良好であることが伝わってきます。

  • 2020年のNHK朝ドラ「おちょやん」のお稽古におじい様が付き添う
  • 唄の稽古で、おじいちゃんも必死で覚えていた
  • 毎田暖乃さんは広島出身のおじい様の影響で野球の広島カープファン
  • 父親と兄の絢斗さんも広島カープファン

 

毎田暖乃さんは「広島戦で始球式をすることが夢」と話していますが、最近の活躍を見ると、始球式に出ることも実現しそうですね!

ちなみに、毎田暖乃さんの好きな選手は鈴木誠也選手だと話していました。

 




 

毎田暖乃の兄絢斗も子役で顔画像は?

毎田暖乃さんの兄・絢斗(あやと)さんも子役をしています。

所属事務所は、毎田暖乃さんと同じ事務所の「ルート」です。

毎田絢斗のプロフィールと経歴

【生年月日】2010年 1月17日

【年齢】12歳

【身長】140cm

【趣味】作画・野球観戦(カープ)・ゲーム

【特技】野球

【事務所】株式会社ルート

これまでの出演歴は、CM「じゃんぼ総本店」です。

他の出演歴はなく、現在も芸能活動をしているか不明でした。

兄の絢斗さんは2022年4月から中学1年生になるので、勉強に専念しているのかもしれませんね。

 

毎田暖乃さんは優しい絢斗さんのことが大好きなようです。

絢斗さんのことを呼び捨てで呼んでいても怒らず、「何?」と返事をする優しいお兄ちゃんだそう。

 

所属事務所のブログにも、ほほえましいエピソードが載っていました。

彼はもともと、とても優しい子です。
自分より、相手の事を考えて
『???ありゃりゃ、』
結局自分は損をする…
でも、それでも絢斗は、『べつにええねん』
相手が喜べば、『自分はいいねん』
そんな子です。
                      引用元:ルートオフィシャルブログ

誰から見ても優しい子のようですね。

 




 

毎田暖乃の両親の職業も調査!

父親:職業不明、芸能人ではない

母親:専業主婦の可能性が高い

兄弟で芸能活動をしていると、両親の職業が気になりますね。

残念ながら、お父様の情報は得られませんでした。

名前などの情報がなかったので、芸能ではなく一般人だと考えられます。

暖乃さんはダンスやスイミングなど習い事を多くしているので、お父様がメインで仕事を頑張っているのかもしれませんね。

 

お母は撮影に付き添いをしているので専業主婦の可能性が高いです。

事務所のブログに、暖乃さんの付き添いをしているお母様の後ろ姿の写真がありました。

『暖乃に、お芝居以外の事で、しんどい思いをさせないためにも
体調を万全にしてあげたい』
                      引用元:ルートオフィシャルブログ

 

お母様は、連日の撮影でコロナ禍と言うこともあり、体調管理に気を使っていたようです。
「はじめて口内炎が5つもできた」と話していました。

 

口内炎ができるほど、暖乃さんが集中できる環境を整えることに専念しているのですね。



まとめ

今回は「毎田暖乃の家族構成は6人で兄絢斗も子役!顔画像に両親の職業も調査」と題してご紹介しました。

毎田暖乃さん「両親、兄、暖乃、祖父母」の6人家族ということがわかりましたね。

兄の絢斗さんも同じ事務所で子役として活動されていますが、現在も芸能活動をしているのかは不明でした。

 

ドラマの撮影時は母親が付き添い、暖乃さんのケアをしています。

さらに、祖父は稽古に付き添い、唄を一緒に覚えて協力的でした。

こんな協力的なご家族がいたから、兄弟で芸能活動を頑張れているのでしょうね。

 

今後の毎田暖乃さんの活躍に期待が高まります。

最後までお読みいただきありがとうございました。