エンタメ

小谷実可子は現在も泳いでる!滝沢歌舞伎の振付もした?

元シンクロナイズドスイミング(アーティスティックスイミング)のソウル五輪メダリストである小谷実可子さんは、現在どのような活動をされているのでしょうか?

小谷実可子さんは54歳ですが、主にコーチとして現在も泳いでいます。

1992年バルセロナ五輪後に現役引退しましたが、キレのある水中の舞は健在です。

 

オリンピック関連の要職にも就いている小谷実可子さんですが、実はジャニーズの滝沢歌舞伎でも振付をされていたことをご存じですか?

滝沢歌舞伎の振付演出も気になりますよね。

小谷実可子の現在

小谷実可子さんは選手を引退して30年近く経っていますが、現在もアーティスティックスイミングを泳いでいます。

2020年10月11日 エキシビジョンパフォーマンス

2020年10月11日東京都水泳の日に、エキシビジョンパフォーマンスを披露しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小谷実可子(@mikakokotani)がシェアした投稿

小谷さんより若い各世代の実力者たちと一緒ですが、全く差を感じません!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

小谷実可子(@mikakokotani)がシェアした投稿

左から、

元日本代表の水中パフォーマー荒井美帆さん(32歳)

小谷実可子さん(54歳)

アテネオリンピックメダリスト藤丸真世さん(41歳)

リオオリンピックメダリスト三井梨紗子さん(27歳)

 

立教大学 アーティスティックスイミングのコーチ

小谷実可子さんは2015年度から立教大学非常勤講師も務めています。

担当授業は「スポーツスタディ(ウォーターエクササイズ)」のアーティスティックスイミング。

生徒たち考案の振付を小谷実可子さんが実演して見せていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小谷実可子(@mikakokotani)がシェアした投稿

生徒考案の振付をオリンピアが実演して見せてくれるなんてとても豪華な授業ですよね!

 

オンライン授業で実演した後も、「気持ちよくてまた泳いでいた」とコメントしている小谷さん。

スイミングが本当に好きなんですね。

 

オリンピック関連職

2021年2月17日には、東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長就任が要請されるそうですね。

会長職に就く前から、すでにJOC関連職に就いています。

  1. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 スポーツディレクター
  2. JOC 理事
  3. JOC 表彰専門部会 部会長
  4. JOC 国際専門部会 部会長
  5. JOC アントラージュ専門部会員

 

オリンピック関連職は2つ就いています。

  1. 世界オリンピアンズ協会 理事
  2. 日本オリンピアンズ協会 理事

 




 

滝沢歌舞伎でコーディネートと振付を担当

ジャニーズの大人気舞台である「滝沢歌舞伎」に2020年からアーティスティックスイミングが加わったことで、小谷さんはコーディネートや振付を担当しました。

球体プールで演出したアーティスティックスイミング

滝沢歌舞伎の舞台では、球体のプールの中でアーティスティックスイミングを見せる演出がされました。

小谷さんは泳いでいません。

スイマーの泳ぐ様子は0:15に映ります。

 

舞台を見た人の感想




最後に

小谷実可子さんの「現在」について、「泳いでいる姿」「コーチの姿」「滝沢歌舞伎の振付での活躍」をご紹介しました。

現在もアーティスティックスイミングを泳ぎ、訓練し、スイミングの楽しさを忘れないままで現役選手と関わりを持っているんですね。

 

東京五輪・パラリンピック組織委員会森喜朗会長が辞任され、ポスト森喜朗として小谷実可子さんの名前も挙がっているようですが、どうなるのでしょうか?

現場の声を肌で感じていて、現在もオリンピック関連職に就かれているので、名前が挙がることは納得です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。