スポーツ

カーリングのリンドコーチは日本語話せる?結婚した奥さんや子供も調査

女子カーリング「ロコソラーレ」のジェームス・ダグラス・リンドコーチ(通称:JDコーチ/リンドコーチ)、とってもイケメンで注目されていますね!

リンドコーチがハーフタイムやタイムアウトで選手へ話すのは英語です。

その英語を、吉田知那美選手が通訳して他選手に伝えているのですが「リンドコーチは日本語話せるの?」と気になった方も多いのではないでしょうか?

 

リンドコーチは2013年から来日して指導していますが、「結婚した奥さんがどのような人か?子供がいるのか?」も気になりますね。

 

この記事でわかること

カーリング女子のリンドコーチ(JDコーチ)は日本語話せない?

リンドコーチ(JDコーチ)の結婚した奥さんはカナダ人?

リンドコーチ(JDコーチ)に子供はいる?

カーリングのリンドコーチは日本語話せる?

カーリング女子の作戦タイムに、ジェームス・ダグラス・リンドコーチ(JDコーチ/リンドコーチ)は英語で話しかけています。

簡単な英語で伝えているようで、ロコ・ソラーレの選手たちにも伝わっていますね。

なお、通訳が必要な際は、英語が得意な吉田知那美選手が通訳をしています。

そこで気になるのが、「リンドコーチは日本語話せる?(話せない?)」と言うことではないでしょうか。

 

リンドコーチは日本語を話す?話せない?

ロコ・ソラーレの選手たちは、直接リンドコーチとコミュニケーションがとれるように英語の勉強もしているそうです。

このことからも、リンドコーチは日本語を話すのは得意ではないと推察できますね。

 

もっとも、競技中の大事な内容、さらに感覚やニュアンスも込めて外国語で伝えることは難しいですよね。

正確に支持を伝えるためにも、英語で伝えることを大事にしているのでしょう。

ロコ・ソラーレのなかで一番英語を流暢に扱えるのが吉田知那美選手なので、リンドコーチの話の細かいニュアンスは彼女が伝達しているようですね。

ただ、ほかの選手たちもオンラインで英語を勉強中と聞きました。チームとして、コーチとのコミュニケーションが円滑になるのはとてもいいことだと思います。

引用元:Number web

 

リンドコーチは2013年から来日

リンドコーチが日本のカーリングを指導始めたのは2013年です。

「北海道女子カーリングアカデミー」という北海道のトップ選手の強化を目的としたプロジェクトのために初来日しました。

  • 2013年7月~2016年 北海道女子カーリングアカデミーを指導
  • 2016年3月 「ロコ・ソラーレ」世界選手権銀メダル

 

来日して3年で世界選手権銀メダルを獲得させ、選手たちからの評価も高いリンドコーチは2016年以降に女子日本代表のナショナルコーチになりました。

 

コミュニケーションを大切にしているリンドコーチなので、試合以外では簡単な日本語を話すようにしているかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

J.D. Lind(@j.d.lind)がシェアした投稿

 




 

カーリングのリンドコーチの結婚した奥さんや子供も調査

2016年結婚

2018年子供が生まれる

リンドコーチは2016年に結婚しています。

相手の奥さんの国籍や職業は公表されていないため、一般人のようですね。

 

お子さんは2018年に生まれたようです。

カーリングの本橋麻里さんがインタビュー中に「父になったリンドコーチ」と話していました。

本橋 そういえばJDも、この4年で夫から父になるという大きな変化がありました。

引用元:文春オンライン(2022年2月掲載)

 

残念ながら顔画像は見つかりませんでしたが、リンドコーチが超イケメンなので、子どももかわいいのだろうと想像できますね。

 




 

最後に

【カーリングのリンドコーチは日本語話せる?結婚した奥さんや子供も調査】と題してご紹介しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アイスダンスの小松原尊選手は、元はアメリカ国籍で英語話者ですがインタビューでは日本語で話そうと努力されています。

小松原尊はハーフで日本語堪能?国籍は?出身アメリカで日本人の名前はなぜ?フィギュアスケート日本代表の小松原尊(こまつばら たける)選手は、ハーフではありません。 顔立ちは外国人なのに、なぜ日本名の「小松...