ベビーウェアリング

首すわり前の新生児対応ベビーウェアリング選びポイント!実例紹介

赤ちゃんを抱っこ or おんぶするときに使用するものは、抱っこ紐、おんぶ紐、へこ帯、スリング、ベビーラップ 等々たくさんありますね!

このブログでは、これらの総称として「ベビーウェアリング」と呼ばせていただきます。

どれを買えばよいのか、何を軸に比較検討すれば良いのか悩みませんか?

 

そこで、この記事では我が家の実例を基に、首すわり前新生児対応ベビーウェアリングについて紹介します。

 

今回まとめた内容はこちら

 

この記事を読むことで、首すわり前新生児対応のベビーウェアリングを選ぶ基準を知ることができ、選びやすくなりますよ。

 

首すわり前新生児対応ベビーウェアリングは必要か?

以下に該当するなら、首すわり前新生児対応ベビーウェアリングの購入を検討しても良いと思います。

  • 首すわり前の赤ちゃんを連れて、買い物等の外出をすることがある
  • 首すわり前の赤ちゃんを連れて、公共交通機関で移動することがある

尚、ベビーカーをお持ちなら、新生児対応ベビーウェアリングを使わずにベビーカーで移動する、というの方法もありますね。

しかし、ベビーカーを使用中に電車やバスに乗る場合は、開いたまま(赤ちゃんを寝させたまま)のベビーカーが入るスペースがないこともあるので、注意が必要です。

 

使用シーンを考えてみました

新生児期(生後28日未満)は体の免疫力が低くて病気にかかりやすいため、外出は避けるべきと言われています。

なので、生後一か月検診が赤ちゃんの初めてのお出かけになることが多く、新生児用ベビーウェアリングを使用する最初の機会になると思います。

次に外出するのは、生後一か月以降に行う外気浴のときですが、ベランダや家の前に出るだけでも外気浴は十分と言われていますし、ベビーウェアリングを持ち出す必要もないです。

 

尚、一般的に首すわりは生後3-4か月頃と言われています。

赤ちゃんの首がすわるまで、検診以外に赤ちゃんの外出をさせるつもりがないという方は、首すわり前新生児対応ベビーウェアリングは不要だと思います。

 

次男が産まれてから必要になった

長男を出産した時は、里帰り出産でした。

出産後も私と長男は数か月実家で過ごしていたので、頼れる家族の手が常にありました。

そのおかげで、長男が首のすわっていない時期のおでかけはベビーカー利用、または自分か家族が抱っこをしていたので、新生児対応ベビーウェアリングは不要でした。

 

しかし、次男出産後は状況が変わっています。

実家とは遠く離れた自宅でワンオペ育児の中、長男を保育園へ送迎するために、次男が首のすわっていない時期でも外出する必要ができたのです

その時になって初めて、首すわり前でも使用できるベビーウェアリングが必要となりました。




首すわり前新生児対応ベビーウェアリングに必要な条件

首すわり前新生児期に使えるベビーウェアリングは限られています。

新生児期の赤ちゃんは首がすわっていないからですね。

 

頭の重さが負担とならないように、首がすわっていない時期は横向き抱っこにする必要があります!

尚、首がすわるのは一般的に生後3~4か月頃です。

 

首すわり前のベビーウェアリングの必要条件は、横向き抱っこができること!

 

赤ちゃんが心地良い姿勢とは?

赤ちゃんの発達講座で助産師さんから教えていただいたのですが、赤ちゃんが心地良い姿勢は、お腹の中にいた時と同じ姿勢。

背中が丸くCの字カーブになる「まんまる姿勢の抱っこ」だそうです。




使ってよかった 首すわり前新生児対応ベビーウェアリングを紹介

使って良かったものは「あっきースリング」

首すわり前新生児のベビーウェアリングに必要な条件は「横向き抱っこ」「まんまる姿勢」とわかり、我が家はリング付きスリング「あっきースリング」を選びました。

 

スリングを比較して試着できる環境も時間もなかったので、助産師さんの発達講座内で使い方を教わったあっきースリング一択でしたが、これを選んでよかったです。

 

首すわり前でも外出をする目的でスリングを購入しましたが、首すわり後も装着スタイルを変え、1歳前後まで長く使用することができました。

使用感も良かったので、腰ベルト付き抱っこ紐よりもスリングを多く使っていました。

 

尚、スリングは赤ちゃんの重さを背中全体で支えているのですが、赤ちゃんの身体に手を添える必要があるため、基本は常に片手が塞がります。

そのため月齢や使用状況に応じてベビーウェアリングの使い分けをおすすめします。

 

良かった点

  • 最初は装着にコツがいるが、数回練習すれば簡単に装着できる
  • 赤ちゃんの体重を背中の広い部分で支えるので、腰ベルト付き抱っこ紐に比べて疲れにくかった(※首すわり後の着用感で比較)
  • しじら織の布が肌触り良く、赤ちゃんの頬に触れていても安心して使える
  • スリングリングが布と一体になっているため、リングを落とす心配がない

 

使用していて残念だった点

  • 肩周りにスリングの厚みが位置するため、スリング装着中はいつものアウターを着れなくなる。
  • 冬はゆったりとしたアウターを選ぶ必要がある。

 

リング付きあっきースリングのメリットとデメリット

私自身が使用して感じたメリット・デメリットをご紹介

リング付きあっきースリングのメリット

  • 横抱っこができるので、首すわり前新生児期から使える
  • まんまる姿勢ができる
  • 密着した抱っこができるので、重さによる体への負担が少ない
  • 首がすわったら縦向き対面抱っこができるので長く使える(下写真参照)
  • 着脱が簡単
  • 綿100%の布なので肌触りが良い
  • リングが外れないように布が縫い付けてあるので、リング紛失の心配がない

 

首すわり後の縦抱っこは下記写真のようになります。

生後5か月半の頃

 

リング付きあっきースリングのデメリット

  • スリング装着中はアウター着用が難しい
  • 赤ちゃんの重さを支えるため、基本は片手が常に塞がる
  • 赤ちゃんは装着者の前側に位置するため、装着中の家事や作業がしにくい
  • 赤ちゃんの体重が重くなると使用を続けるのが辛くなった
  • 装着方法にコツがいるため、正しい使い方を調べる or 教えてもらう必要あり
    ※正規品販売店では使い方講習を行っていただけます。
  • 正規品販売店が少ない




リング付きあっきースリングを購入される方へのアドバイス

赤ちゃんをスリング内に入れる前に、スリングを装着して成型するのですが、布の上下で色が分かれている「あっきースリング グランデ」は色の境目が目印となって成形しやすいです。

 

他メーカーのスリングと比較される方へのアドバイス

スリングリングに布を通したときの布の滑り具合、布の広げやすさをチェックしてみて下さい。
滑りすぎたり、滑りが悪かったりすると使いにくいです。

スリングとは別物ですが、「北極しろくま堂のへこおび」も、ベビーラップのような使い方で新生児期から使えます。
価格もあっきースリングよりもお手頃ですので、ぜひチェックしてみてください。

「北極しろくま堂のへこおび」について使用した感想はこちらで紹介しています。




あっきースリングの正規品販売店はどこ?

公式ページ掲載の正規品販売店は、ニコベビー小田原本店の他には三つの助産院だけ。

試着して購入を考えたい方も多いと思いますが、正規品販売店が少なく、試着や実物確認が簡単にできないのが残念です。

※ネット購入は可能です。

 

それでも諦めないでください。

私は、助産師さん主催の赤ちゃん発達講座内であっきースリングを偶然知り、装着方法を教わって試着もできました。

その場であっきースリングを購入することはできませんでしたが、製品を確認して使い方も知ることができたので、安心してネット購入に進めました。

この講座を主催した助産師さんはあっきースリングを販売はしていなかったためか? 正規品販売店(者)として公式ホームページ上には紹介されていません。

 

ご近所で開催中の赤ちゃん教室や、助産師さんが取扱説明をされているかもしれませんので、お問い合わせしてみると良いと思います。




まとめ

  • 赤ちゃんの月齢で選ぶと、赤ちゃんも心地よく、身に着ける人も楽
  • 使用シーンを考えて選ぶ
  • 横向き抱っこができるベビーウェアリングを選ぶ
  • まんまる姿勢できるベビーウェアリングを選ぶ
  • 赤ちゃんの重さを分散して支えることができるベビーウェアリングを選ぶと体が疲れにくい

 

このブログが、新生児期、首すわり前のベビーウェアリング選びの参考になれば幸いです。