スポーツ

平野歩夢の新技は何だった?北京オリンピックで見れず幻になった理由も

平野歩夢選手は、「2022北京オリンピックで新技をする」と予告していましたが、結果としては新技は披露されませんでした。

トリプルコーク1440をするだけでもすごいのに、「平野歩夢選手はどんな新技を見せてくれるの?」と気になっていた方も多かったですよね。

幻となった新技とは何だったのでしょうか?

予告していたのにも関わらず、新技を披露できなかった理由は何でしょうか?

 

この記事でわかること

平野歩夢が北京オリンピック前に予告した新技は何?

平野歩夢の新技が北京オリンピックでできなかった理由

決勝2本目の採点が低くておかしい!アメリカでも非難

平野歩夢の新技は何だった?

フロントサイド1620(横4回転半)

平野歩夢選手は、北京オリンピック スノーボードハーフパイプ決勝前の2月8日に「新技を見せるかも」と予告していました。

トリプルコーク1440の他にも温めている新技があることも示唆。

「半年前からずっとイメージしている技があって、それを育てて徐々に来ている。機会があれば出したい」と本番での解禁を予告した。

引用元:スポニチアネックス

 

平野選手が示唆していた新技は「フロントサイド1620」だったことが、北京オリンピック決勝後に公表されました。

新技投入も示唆していた平野歩。今大会でのお披露目はなかったが、その技が横に4回転半する「フロントサイド(FS)1620」だったことを明かした。

引用元:スポニチアネックス

 

フロントサイド1620とは横4回転半する大技です。

  • 進行方向に対して腹側を見せながら横回転=フロントサイド
  • 横4回転半(360度回転x4.5)=1620

 

ネット上では新技の予想合戦も繰り広げられて注目度も高まっていましたね。

北京オリンピック前に予告していたのに、新技「フロントサイド1620」をしなかった理由は何でしょうか?

 




 

平野歩夢の新技が北京オリンピックで見れず幻になった理由も

決勝2本目で暫定2位となったため

平野歩夢選手が、北京オリンピック決勝で新技「フロントサイド1620」をしなかった原因は、2本目終了時点で暫定2位だったからです。

1本目は転倒、2本目を終えて暫定2位だったことから、村上大輔コーチとも相談して投入を見送った。

引用元:スポニチアネックス

2本目で正確な採点がされて高得点となっていれば、3本目で新技を披露する考えだったようです。

 

2本目採点の低さに怒りも

新技披露を予告していた北京オリンピックで披露できなかったのは、決勝2本目の採点の低さが原因です。

元プロ選手やNBC実況解説者からも「減点するところが無いほど完璧だったのになぜ?」と怒りの声もあったように、平野歩夢選手自身も憤りを感じた採点。

平野歩夢選手は、決勝3本目は2本目と同じ技を披露することになりました。

決勝3本目は2本目よりも更に完璧なトリックで魅せ、スコア96.0で金メダルを獲得しています。

 

2本目で正確な採点がされて高得点となっていれば、3本目で新技を披露していたかもしれない、と思うと悔しさも感じますね。

 

新技のフロントサイド1620が見れるのはいつ?

新技のフロントサイド1620が見れるのはいつになるのか?気になりますが、現時点では不明です。

平野歩夢選手もインタビューで「実戦投入がいつになるかわからない」と話していました。

難易度については「(TC1440と)同じくらい」といい、今後の実戦投入については「いつになるんでしょうね。自分でも分からない」と話した。

引用元:スポニチアネックス

 




 

最後に

【平野歩夢の新技は何だった?北京オリンピックで見れず幻になった理由も】と題してご紹介しました。

平野歩夢選手が北京オリンピックで披露することも考えていた新技は「フロントサイド1620」です。

フロントサイド1620の難易度はトリプルコーク1440と同じくらいと、平野歩夢選手も話していただけに、見れなくなったのは残念でしたね。

結果としては金メダルを獲得しているものの、後味が悪い北京オリンピックになってしまいました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。