テレビ番組/配信情報

17歳の帝国の3本の塔のロケ地はどこ?撮影場所は長崎の針尾送信所と判明

2022年春のNHK土曜ドラマ『17歳の帝国』のタイトルバックに映る「3本の巨塔」が、異世界観のようで「CG?」と思った方も多いのではないでしょうか?

「3本の塔」は長崎県に実在している電波塔の「針尾送信所」です。

【旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設】という名前で国の重要文化財に指定されています。

そこでこの記事では、「どのような場所なのか?」「どこで見れるのか?」調査しました。

 

この記事でわかること

NHKドラマ『17歳の帝国』のタイトルバックの3本の塔のロケ地は長崎

3本の塔の撮影場所となった「針尾送信所」はどんなところ?

NHKドラマ『17歳の帝国』のタイトルバックの撮影場所も特定

『17歳の帝国』の3本の塔のロケ地はどこ?

針尾送信所(針尾無線塔)

NHKドラマ『17歳の帝国』のタイトルバックのロケ地は「針尾送信所(針尾無線塔)」です。

長崎県佐世保市にある国の重要文化財で、2022年に完成100周年を迎えます。

【針尾送信所(針尾無線塔)】

重要文化財名称:旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設

住所:〒859-3452 長崎県佐世保市針尾中町

電話番号:0956-58-2718

 

佐世保市のフォトスポットとしても有名で、様々な表情をインスタグラムで見つけることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

やまさん(@airinru_cocohaku)がシェアした投稿

巨大な塔が3本建っている姿が特徴的ですが、どのような場所なのでしょうか?

 




 

『17歳の帝国』の3本の塔の撮影場所は長崎の針尾送信所と判明

針尾送信所はコンクリート製の電波塔で、1997年まで使われていたそうです。

1922年に完成し、戦時中は日本軍、戦後は海上保安部と海上自衛隊が共同利用していました。

現在は、近代化遺産として観光スポットとなっています。

 

塔内部が見学できる

2020年10月から、無線塔「3号棟」の中の見学ができるようになりました。

  • 自由見学・入場無料
  • 20名以上の団体は事前に電話連絡が必要 ※参照:公式HP

【見学時間】
9:00~12:00 / 13:00~16:00

【駐車場】
あり
※参照:針尾送信所見学路(PDF)

【見学エリア】
1号塔:外観のみ見学〇
2号塔:見学不可
3号塔:外観と内部一部見学〇
油庫:外観と内部の見学〇

 

党内部の様子も

無線塔の内部はこのようになっています。

 




 

『17歳の帝国』のタイトルバックの撮影場所も特定

タイトルバックの撮影場所は長崎県西海市(さいかいし)です。

針尾瀬戸を挟んだ向かい、西海の丘近くの海辺から撮影したことが特定できました。

 

車で通る場合は、長崎県西海市から国道202号線を北上し、新西海橋を渡る際に見ることができます。

車を停めて撮影などをしたい方は、西海の丘駐車場の利用がおすすめです

西海の丘駐車場から海辺へは、徒歩15分ほどで行けます。

散歩しながら、撮影場所を探してみてはいかがですか?

【西海の丘(さいかいのおか)駐車場】

駐車料金:無料

住所:〒851-3421 長崎県西海市西彼町伊ノ浦郷842

 




 

最後に

【17歳の帝国の3本の塔のロケ地はどこ?撮影場所は長崎の針尾送信所と判明】と題してご紹介しました。

 

NHKドラマ『17歳の帝国』のタイトルバックに使用されて話題の「3本の塔」は、CGでもなく、長崎県にある針尾送信所という電波塔でした。

現在、電波塔として利用はされていませんが、観光スポットとなっています。

3本の塔の内、3号塔は外観と内部の一部が無料で見学できます。

 

ドラマは、神尾楓珠(かみお ふうじゅ)さん主演で2022年4月から始まります。

本編のロケ地も話題になりそうで楽しみですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。